結婚相談所の歴史
結婚相談所の歴史とは

結婚相談所と聞いて、最近の婚活ブームにのって出てきたサービスと思われている方も中にはおられることでしょう。 実は、その歴史は古く、鎌倉時代からあると言われています。 仲人という職業があり、当時は戦争で夫を失った女性に再婚相手を紹介しており、これが結婚相談所の起源とされています。 古くは結婚を認めてもらうのに仲人を立てることが必要で、職業として確立し、昔から初婚だけでなく、再婚のお手伝いも行われていました。 その後、江戸時代中期あたりから後期にかけて、お見合いの形をとるようになりました。 男女それぞれの世話人が、お互いに引き合わせてお見合いの席をセッティングしていたそうです。
当時のお見合いの場所は芝居小屋や茶屋でした。 現在で言うホテルやカフェということになります。 明治時代になると、日本で最初となる結婚相談所が大阪に誕生しました。 幕末戦争によって若い男性が減少し、加えて大都市への人口流入によって独身者が増加した為、各地で結婚相談所が繁盛しました。 1970年になり、結婚相手を探すサービスが、一つのビジネスとして確立しました。 これが結婚情報サービスの始まりとされています。 その後、全国に普及していくことになります。

 Previous  All works Next